FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年03月20日 (水) | 編集 |
その1
ブラウザの文字拡大を推奨(ctrlボタンと+ー(プラス・マイナス)ボタンやctrl+マウスのくるくるなど)
問題
I'll check (前置詞) Mary.メアリーに確認します。
答え(マウス範囲指定により表示)
I'll check with Mary.メアリーに確認します。

問題
consent (前置詞) an operation.
答え
consent to an operation.
このconsentが名詞でも動詞でも同じ。


問題
consent (do/to do/doing)=doすることに同意する
答え
consent to do=doすることに同意する

問題
「byとuntil/till+時の言葉」の使い分けを説明
答え
by「~までに」、until/till「~までずっと」


問題
「何月何日までにはやっといて」の(群)前置詞
ニュアンスはずれてもよいので上と下情報として同じ意味にする群前置詞を全部で7つ
(前置詞) March 31
=(前置詞) April 1(3月31日までに)
答え
by=at=no later than=not later than(その日を含める)
before=prior to=earlier than(その日は含めない)
earlier than追加)

上の解説
no/not later thanの分類は検索で外国のQ&A掲示板を根拠にした。日本語の掲示板での解答はおそらく間違い。
英英辞書3つ、日本語辞書2つ調べてみてもどれとどれがイコールなのかあいまいな表現だった。

個人的にはこう考えた
☆no more than(=only), no less than(=as many as)などの表現も同じく、
no 比較 thanはイコールの意味で、後ろの名詞(数など)にニュアンスを付けるだけ。thanの後ろの名詞の意味が入るのでno later than=byになる。
☆notはそれより後ろを否定する。「later than(より後)は時間軸でその点を含まない」のでその否定のnot later thanはその点を含む反対側の範囲になり、not later than=byになる。

TOEICで問われるのはtillやuntilが消えてbyが入りそうなときは、上の前置詞達も正解になりうるという知識。byが選択肢になくてuntilが選択肢にあるとuntilとbyを逆に覚えてたんじゃないかと思ってuntilにしてしまい、正解になるbeforeやat等を選べなくなる。

問題
(前置詞)hot weather
答え
in hot weather

問題
assent (前置詞) his proposal
答え
assent to his proposal
動詞でも名詞でもおなじ。consent to名詞(同意する)と同じ。


問題
dissent (前置詞) his proposal
答え
dissent from/against his proposal
「反対する」はfromかagainstが多い、ジーニアスはdissent fromだけ載ってたけどdissent againstも検索で多くヒットする


問題
dissent (前置詞)人の集団
答え
dissent among 人の集団
後ろの名詞が前の前置詞を決めるパターンならいくらでも作れるので、from/against+「提案、考え」だけ覚える


問題
(前置詞) assent=同意して(副詞句)
答え
in assent=同意して

問題
agree (前置詞)人、意見、説明(基本的にこれを使う)
agree (前置詞)人、意見、説明(それに決定する場合のみ)
他にin/about/as toがあるけど気にしない
答え
agree with人、意見、説明(基本的にwithを使う)
agree on/upon人、意見、説明(それに決定する場合のみ)
他にin/about/as toがあるけど気にしない


問題
agree toは目的語に「(名詞の種類を答えよ)」に限る、主語に決定権あり。
答え
agree toは目的語に「proposal, plan提案、計画」に限り、主語に決定権あり。

問題
agree (前置詞)生活環境、食べ物、洋服など
答え
agree with 生活環境、食物、洋服など

問題
disagree (前置詞)名詞
答え
disagree (with/on/upon) 名詞

問題
動詞の語法
proceed (前置詞) 名詞=続ける
proceed (前置詞) 名詞=次に移る(進行する)
答え
proceed with his workなど=続ける
proceed to the next agendaなど=次に移る(進行する)
「proceedは自動詞」と分かるだけでも得点につながる


問題
名詞のproceedsはどういう意味?
答え
proceeds「収入、利益、売上高」

問題
(前置詞) a 15-minute basis
=(前置詞)regular intervals
答え
on a 15-minute basis
=at 15-minute intervals(15分間隔で)
regular(定期的に)やhalf-hourly(30分ごとに)などを挟んで使う、挟むのは形容詞なので15-minuteは単数形


問題
「不定期に」を2単語か3単語で
ランダムのスペル確認用
答え
at random=at random times

問題
decideの語法(後ろに名詞を続けたい場合)
decide (語法)=人にdoすることを決心させる
decide (語法)=人にdoしないように決心させる
decide (語法)=~に決める、決定する
答え
decide 人 to do=人にdoすることを決心させる
decide 人 against doing=人にdoしないように決心させる
decide on/upon モノ/コト=~に決める、決定する
(最後は自動詞であることに注意)


問題
decideの語法(節を続ける場合)
decide that S (助動詞) do=doしようと決心する=decide to do
decide that S (助動詞) do=doすべきことを決定する
答え
decide that S will/would do=doしようと決心する=decide to do
decide that S (should) do=doすべきことを決定する


まとめ
decide 人 to do=人にdoすることを決心させる
decide 人 against doing=人にdoしないように決心させる
(againstの後ろは名詞でもよい)
この2つの用法に、人=oneselfがきて、oneselfが省略されたと考えて↓
decide to do=doしようと決心する
decide against doing=doしないことに決める
=decide not to doがふつう
decide that S will/would do=しようと決心する=decide to do

decide on/upon モノ/コト=~に決める、決定する
that節やwh節ではふつう前置詞を省略するので↓
decide that S (should) do=doすべきことを決定する
decide wh-節/wh-to do(what to doなど)=(何を/どちらを)doするか決定する

2つ以上のどれかに決めるときは
decide between A and B(2つから)
decide among 複数(3つ以上)


問題
assure (語法)=人にthat節と約束する、保証する
assure (語法)=人に名詞を約束する、保証する
答え
assure 人 that節
assure 人 (of) 名詞(ofは省略可)
ふつう
assure 人 that she is sincere.
=assure 人 (of) her sincerity.のように「SV→所有格+名詞化」の変換で書き換えられる。






関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。