FC2ブログ
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年04月01日 (月) | 編集 |
語法や単語のランダムテストその17

出るやつと出る知識に絞るための知識


文字拡大推奨、ctrlボタンと+ボタンで拡大・ctrlボタンと-ボタンで縮小
ctrl+マウスくるくるでも変更可能
問題
(optim--) temperature=最適温度
(optim--) temperature=最適温度
答え
optimal temperature=最適温度
optimum temperature=最適温度


問題
the ----- scholar who is well recognized specialist all over the world
選択肢renowned / superior / noticeable
答え
renowned
☆前に入る単語も形容詞でscholarにかかり、who以下も形容詞でscholarにかかる。
このとき問題化できる仕組みは
[前の形容詞]=[後ろの形容詞]
と前後から意味上同じ形容詞をかけているところにある。
「ある単語にかかる修飾語は基本的に同じ意味を持つ」 という
「英語のルール」ではなく「言葉のルール」が根拠。
例えば「雲を突き抜けるような大木」なら成り立つけど
「小さな大木」は成り立たない、というようなもの。(ただし、おとぎ話では成り立つ)
今回はsuperiorもnoticeableもscholarの前に入りうる単語だけど、正解根拠がwho以下に書いてあるので相対的に選択肢をrenowned1つに絞れることになる。


問題
「if節の中のever」(肯定文)
If ever you are in Tokyo,
If you are ever in Tokyo,=(意味)
答え
If ever you are in Tokyo,
If you are ever in Tokyo,=「いつか」東京に来ることがあったら
☆everはifの直後かnotの位置

問題
「(疑問文での)at all」の意味
What do you want to do at all?=「(意味)」何がしたいんだい。
答え
What do you want to do at all?=「そもそも」何がしたいんだい。

問題
「(疑問文での)at all」の意味
Is there any truth at all in such rumor?=そんな噂に「(意味)」本当のことがあるのだろうか。
答え
「(疑問文での)at all」の意味
Is there any truth at all in such rumor?=そんな噂に「少しでも・そもそも」本当のことがあるのだろうか。



問題
completeの品詞
答え
complete
=動詞「完成させる」
=形容詞「まったく・完全な、完成した」


問題
completeとcompletedの使い分けその1
a (complete/completed) goods=完成品
His work is now (complete/completed) =彼の作品は完成している
答え
completeとcompletedの使い分けその1
a (completed) goods=完成品
His work is now (complete) =彼の作品は完成している
☆「完成した」の意味の時、限定用法(前から)completed、叙述用法(Cになる)complete


問題
completeとcompletedの使い分けその2
It's a (complete/completed) surprise to see you here.
答え
It's a (complete) surprise to see you here.
=ここでお会いするとは「まったく」驚きです。
☆completedは「完成した」の意味のみ。
☆completeは限定用法(前からかかる)のとき「まったく・完全の」の意味。

問題
increaseの品詞
答え
increase
=動詞「(数・量・力が)増加する」
=名詞「増加、増加量」


問題
increaseの形容詞2つ
答え
increased=増加した
increasing=ますます増える
☆どちらも限定用法(名詞の前に置く)
☆かかる名詞は「数・量の名詞」もしくは「抽象的なもの」(力・痛み・怒り、等)


問題
「用心する」
=(--e) caution
=(e------e) caution
答え
「用心する」
=use caution
=exercise caution ☆use以外を選ぶのは消去法でなんとなくわかると思われる。


問題
cautionとwarningの違いが分かるように説明せよ
caution=
warning=
答え
cautionとwarning
caution=自分からする用心
warning=外部からの注意・警告 


問題
get a position (前置詞) a branch manager=支店長として就職する
get a position (前置詞) film company=映画会社に就職する
get a position (前置詞) the internship=インターンシップの職を得る(にいける)
答え
get a position as a branch manager=支店長として就職する
get a position in film company=映画会社に就職する
get a position for the internship=インターンシップの職を得る(にいける)
☆たぶんこれが基準
a branch managerという(イコール)a position
film companyの中でのa position
the internshipへ参加できるa position(~への権利がある)
の関係で選ぶと思われる
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。